宅内LANとは?

宅内LANとは?

宅内LANとは壁の内側に電話線と一緒にLANを配線します。各部屋の壁に「マルチメディアコンセント」を取り付けて電気、電話、テレビ、LANを使えるようにします。
パソコンとLANの端をケーブルでつなぐだけでネットができます。
宅内LANは建主から言わないとつけないことがほとんどです。
パソコンは1人1台の時代です。宅内LANでなければ家中LANケーブルだらけになってしまいます。住宅の配線はパソコンの進化に追いついていないのです。
ただ、無線で電波が届けばとても楽です。
LTE対応機器も増えているのでWi-Fiを置いて電波をつなげられればとても家の中はスッキリします。配線なしで通信も高速で容量も大きいのです。
ただ、家の中では電子レンジや冷蔵庫にも干渉してしまいます。電波のエリアは拡大していますが家の中で確実かどうかはまだわかりません。
家を建てるときは宅内LANも考えてみましょう。